nav1

1969年:和歌山県生まれ
1988年:和歌山県立和歌山工業高等学校建築科卒、映像製作に従事
1993年:建築士事務所に従事
2000年:一級建築士事務所 株式会社アトリエ ピクト設立
2009年:大阪建設専門学校 非常勤講師

 日本人は古来から、様々な道具をつくり出し、木を加工し文明・文化を築いてきました。昔から住まいに木を使うことは、合理的で自然な行為だったのです。私は現代の家づくりが忘れてしまった、あたりまえを見直すことがとても大切なことだと考えています。住まいにおいても木材を上手に使い、人々が大切にしてきた知恵を受け継ぎ、未来に生かしていくことが、日本のこれからの住まいに繋がると信じています。住まいは買うのではなく、匠PLUSで確かな家をつくりましょう。

国産杉利用の階段吹抜けで明るいダイニングキッチン
既存松丸太梁が見える築40年以上の二世帯住まい改修
 
外壁にしっくい塗りを施した大開口木製建具のある住まい
採光と通風に配慮し、中庭を回遊できるおおらかな間取り
 
密集地で採光・通風を取り入れた通り土間のある減築改修
茅葺形態と庭を活かした古民家再生カフェ