nav1
  • 匠
匠の顔

家ずくり
スペーサー
近畿
(株)高橋工務店
(株)杉山工務店 (株)中井工務店
(株)福永工務店
(株)椎葉工務店
齋藤工務店 (有)和高住宅
(株)コアー建築工房

関西匠の会の会員工務店は各々独立した一企業でもあります。よって関西匠の会とは別に、
各工務店の名前で独自に営業も行なっています。そのため、お客様は関西匠の会を通さず
各工務店と施工契約すること(直接契約)も可能です。
しかしその場合、関西匠の会を通してのご契約とはならず関西匠の会が提供するすべてのサービス、制度、保証は一切受けられません。
ご相談、施工をご希望のお客様はこの点にご留意ください。

(株)高橋工務店

 当社は匠の会が発足して以来、二十数年お世話になっております。
以来、私で3代目のお付き合いをさせていただいております。
その間、技術的なこと、お客様に対する考え、営業のこと等、様々な意見交換や勉強をさせていただきました。
 自分たち一社での情報や考えだけではどうしても偏りがちなところをいろいろな方の考え方や経験を共有することができスキルアップできたと感謝しております。
 現在は、設立当時に比べて 建築業界を取り巻く状況も様変わりしたように思います。
 良くなったことや、どうかなと思うこと、いろいろありますが、匠の会では建前の話じゃなく、ほんまはどうなのかと言うことをこれからも考え続け情報発信をしていけたらと思います。
 お客様にとって誠心誠意、自分達が培った技術や経験をもってお手伝いできるよう、また地域の方々に愛され信頼される工務店、匠の会であり続けられるように努力と研鑽を積んでいきますので今後ともよろしくお願いします。

高橋 正明

写真

ホームページへ

(株)杉山工務店

“温故知新”の言葉を大切に

 時代とともにこの国は大きく変化し、建物もいろいろな工法とともに進化してきました。でも、新しいものだけでは成り立ちません。
 古いものが教える教訓や結果を真剣に受け止めていき、それを活かせる術が大切だと祖父に教えられました。
 今の私たちに寿命が来ても、建物はまだまだ存在します。
 先々代からの受け継いだ知恵と誇りを胸に、改めて"温故知新"の言葉を大切にして、匠の会とともに歩んでいこうと考えています。

杉山 茂

写真

ホームページへ

(株)中井工務店

匠の会への想い

 匠の会から顧客紹介の依頼が来る。
 早速連絡を取って訪問したお客さまは、関西匠の会の会員社であるという事で、わが社を信用していただける。そして、そのお客さまの要望と予算が折り合えば、工事契約である。
 しかしその一方では、会員社に対して色々な縛り(規則)があるのは当然である。
 この規則により施主に対して、匠の会を信用していただいた責任を会員社が果たす、この規則は会員が作っている、今後も顧客の信頼をより高める為に努力すべきである。
 匠の会は、木造住宅を主とする施工会社の集団で、代表者の集まりである。
 各々会社ではお山の大将で孤独である、同じ目的を持つ孤独なお山の大将同士。通例、経営の事や技術の事などは気楽に同業者には話さないものだが、匠の会では本音で話し合い、助けられたりもする事があって勉強になる。これは匠の会会員なればこそだといえる。
 もう一つ、匠の会には『匠建築塾』という若手で構成されている組織がある。
それを構成している塾生の中には、今第一線で現場に出ている者や将来工務店代表者になるものもいる。
 この建築塾のモットーは、建築の技術についてはまず過去を知るべきと考えていて、 "ちょっと前の事は先輩に学び"、"もう少し前の事は親父(先代)に学び"、そして"もっともっと前の事は古寺や古民家等に学ぶ"べきと考え実践している。
 私は自身の知識と技術を向上させることで、お客様に対してより良い住まいを提供できるように、努力を惜しまない技術集団でありたいと日々研鑽しております。

中井 克治

写真

ホームページへ

(株)福永工務店

日々、研鑽と鍛錬に励む

 当社が関西匠の会へ入会したのは1990年、今から20年前になります。
朝日新聞の読者のために、安心して建築の相談ができる組織として設立された協同組合で、志しを同じくした工務店集団であることを知り、入会させていただきました。
新聞社の信頼の元で活動させていただき、身が引き締まる思いで日々研鑽してまいりました。
また、信用を第一に施主様と絶対的な信頼関係が不可欠であるということも学びました。
当社は先代から受け継がれてきた技術を大切にし、磨きをかけ日々の鍛錬を怠りませんし、その受け継がれてきた伝統の技だけでなく、近代建築の設計、工法についても常に技術力の向上や知識の蓄積に努め、適材を適所に見極めた家づくりを行っております。
関西匠の会は施主様の豊かな暮らしのため、家族の将来を楽しく語れる家づくりを心がけ、伝統の技術を後世に伝えてゆくために、これからも一つひとつの仕事を一丸となって真剣に取り組んでいきます。

福永信二郎 

写真

ホームページへ

(株)椎葉工務店

会とともに家づくりにかける想い

 株式会社椎葉工務店が、協同組合関西匠の会へ入会して10年になりますが、初めて『匠の会』の施工検査を受けた時の衝撃が、昨日のことのように思い出されます。
 通常の行政検査ではありえないほど、お客様の"目"となって、お客様の"家"をしっかりチェックするその姿勢を見るにつけ、まさに気が引き締まる思いがしました。
 入会後も先輩会員社の方々には、お客様とともに家づくりをする工務店としての経営・技術・営業、そして何より大切な家づくりにかける想いを学び、教わることができました。
 また、朝日新聞社広告局や審査委員会、検査委員会の先生方にも、ご指導・ご支援・ご協力を得て、一工務店では持ちえない安心や信頼といった強みを持ちつつ、地域に根ざした工務店として、家づくりを行うことができることに感謝しています。
 これからも『関西匠の会』の一員として、会員社相互で切磋琢磨しつつ、会の活動を通じて地域の方々の大切な家づくりのお手伝いを、精一杯させていただければと思います。

椎葉 貴志

写真

ホームページへ

齋藤工務店

 『行列のできる関西匠の会』にする

 私と関西匠の会の出会いは22年前、前年に先代である父が関西匠の会に入会させていただき、私は会員社の2代目や幹部社員で構成する組織に入りました。そこで、驚いたのは会員さんが自身の会社の家づくりや自分達の持っている技術・知識などを何のためらいもなく会話しているのです。私も地元の工務店の集まりなどに参加したことは有りましたがここまで情報交換のできる事は有りませんでした。
その後、父から事業を受け継ぎ今に至っていますが、現在も続く情報交換で得たものは、自分自身の引出しが増えるだけでなく、それまで培ってきた家づくりに加味されて『より良い家づくり』のために役立っています。
これからも先人たちが行なってきた技術や知識を習得し伝承すると共に、会員社それぞれが『向上心』と『探究心』を持って情報交換をすることで、お客様が建てて良かったと思える家づくりができると信じています。
そして、『行列のできる関西匠の会』にすることが理想だと考えています。

齋藤 明宏

写真

ホームページへ

(有)和高住宅

一期一会を大切にしている

 お客様と私たち関西匠の会の出会いが一期一会であるように、お客様と家との出合いも一期一会であるべきだと考えます。
関西匠の会が提案するのは、お客様の一生に寄り添う家です。
お若い時から、ご家族が増えた時、巣立たれた時、年を重ねられた時など、それぞれのご家族のライフステージの変遷にも対応していける、
そんな家をお客様と一緒に創り上げてゆく、それが関西匠の会の家づくりです。

西山 和幸

写真

ホームページへ

(株)コアー建築工房

匠の会への想い

 2011年6月に入会させていただきました株式会社コアー建築工房でございます。
 1988年設立、今年で23年目を迎える会社です。
 関西匠の会は1981年創設、以来30年の歴史との事、前々からご縁をいただければと思いながら5年の月日が流れました、この度、許可をいただき、皆様の仲間入りをさせていただくことができました。
 個々の工務店が建築屋としての確たる自負を持ちながら相互の知識や技術の向上を目指し、頑張っておられる姿に感銘を致しておりましたが、改めて参画するに当たり責任の重さを痛感すると共に関西匠の会様のメンバーとして自覚をし研鑽を積んでいく所存でございます。
 今後ともよろしくお願い致します。

吉瀬 融

写真

ホームページへ
高橋工務店(株)長井工務店杉山工務店和高住宅(株)福永工務店 (株)コアー建築工房 (株)椎葉工務店 齋藤工務店 (株)中井工務店